ブログ用

2017-06

水槽銀貨のイストリア 感想 - 2017.04.02 Sun

おはようございます



【水槽銀貨のイストリア】
C7q25WNVMAAQhJM_convert_20170327093403_20170402135351e24.jpg

買いました

クリアしました

ネタバレありで感想書いていこうと思います(プレイ中の方、プレイする予定の方は読まないほうがいいです)











2017y04m02d_135544112_convert_20170402140152.jpg

ジャンルはガチガチのシナリオゲーでした

普通のエロゲーは個別ルートでCG枚数を消費すると思うんですが、この作品は個別を少なくすませてメインシナリオとトゥルーエンドにぶっぱしてました

Hシーンなどの枚数も一般的なラインよりかなり少なくしてあったので、とにかくシナリオを魅せたいといった感じ

悪いところはテキストの誤字脱字の量が半端じゃない、間違いなくテストプレイしていない

システム面も全体的にちょっと悪いかなと思いました

まあ、これらに関しては一応レビューなので書いてるだけで、私はあんまり気にならないタイプなので割愛

シナリオがメインなのでとっととそっちの話に移ります



【Episode1~3】

このEpisode1~3はプレイしていてすごく綺麗にまとまってるなと思いました

伏線の散りばめ方が良いですし、それで読んで飽きない文章というのはすごいです

どうしても大掛かりな物語というものは伏線をはるのとキャラ紹介に序盤の大半を割いてしまい、あまり最初は面白くないんですが、この作品は続きが気になって仕方ありませんでした

地味に叙述トリックを使っているところもポイント高かったです

私は見事に騙されました



【Episode4~最初の選択肢まで】

英士くんがどんどん不幸になっていく段階、あかりんにハメられる英士くんかわいそう

ここらへんで読み手が英士の性格、何ができて何ができないのかをほとんどわかるぐらい心理描写が素晴らしかったですね



【最初の選択肢】

この作品の選択肢は印象的というか、重要な場面が多かったですが、その中でも最初の2択は頭一つ抜けてました

ほとんど「どちらを見捨てますか?」って内容ですし

またこれをプレイヤーに選ばせるのが酷ですよね

私が評価したいのはこの選択肢もなんですが、前後の文章も素晴らしかったですね

何が素晴らしいって一切甘えてない

正直、この選択肢にくる直前で誰しも思ったと思うんですよ

「英士くんが涙を流すことができれば二人を救える」と

多少ご都合主義かとも思いましたが、それぐらいしても全然不幸が勝るのが英士くんです

まあ、実際そんな甘い選択肢はなかったですけどね

2017y04m02d_150357768_convert_20170402150413.jpg

そして、それをわざわざ作中のキャラに言わせるあたりが、この作品がいかに残酷な描写がうまいかを物語っています


それとどちらかを見捨てる選択肢に至るまでの流れも完璧でした

2017y04m02d_150956378_convert_20170402151012.jpg

征士が言った通り、ここで英士くんが二人ともを追い求めて、力が足りず被害者面するのを良しとしないのはすごくわかります

英士くんが自分で選んで見捨てるからこそ意味がありますよね

だってそっちの方がとっても悲しいから

全体的に残酷なシナリオの中でも、ここ埠頭のシーンは一番残酷で、一番読み応えがありました



【個別ルート】
大前提として、この作品の個別ルートは何かを犠牲にした上での話です

なので人によってはハッピーエンドに見えないかもしれません

ただそれは仕方のないことなのかなって私は思いました

トゥルーエンドの紅葉も言っていましたが、英士くんはこれでも頑張りすぎなのですよ。ただちょっと力が足りなかった、それだけです

そりゃ英士くんは主人公ですから、所謂主人公補正とか、ご都合主義をいれればどうとでもなるでしょう

しかしそういう甘い要素がないからこそ、この作品は良かった

だからこのエンドもわりと好きです



2017y04m02d_154151296.jpg
【煤ヶ谷 小夜ルート】
「ええ、CAのネタばらししないのか」って思いました、後で解消されました



2017y04m02d_154154582.jpg
【汐入 玖々里ルート】
この作品の数少ない癒やしポイント



2017y04m02d_154157152.jpg
【茅ヶ崎 夕桜ルート】
なんかHシーンが面白かった



2017y04m02d_154200372.jpg
【小不動 ゆるぎルート】
進藤 和奏ルートかな?って思いました



【トゥルーエンド】
2017y04m02d_155158481_convert_20170402155750.jpg

このエンドはほんとに英士くん強くなったなーって思います

先程話した「Episode4~最初の選択肢」までの英士くんは、こんな選択肢を選べるような性格じゃありませんでしたよね

それを超えれるのはやっぱり主人公なんだなって

夕桜とのポーカーは見ててほんとにドキドキしました

なにせ英士くん、ここまでほとんど全敗でしたからね

Aの貴公子なんて呼び名がついてるのに、A握ってるとき毎回負けてるのも面白いなーって思ってたんですが、まさかそれにすら伏線があるとは

バッドエンドの方は……。トゥルーをラストまで見た後見ると、またなんとも言えない気持ちにさせられます



埠頭での紫子とゆるぎの対面はかなり好きです

「上辺だけでも、偽善だとしても、人を救うことは出来るだろ!!お前があの人の正義を語るな!!」

「あの人は、たしかにお前を救うことが出来なかったかもしれないが__それでも、あの人に救われた人はたくさんいる!わたしだって、英士先輩だって、汐入先輩だって……みんな、一度はあの人に助けられているんだ!」

ゆるぎカッコ良かったですね。完全にヒーローでした

そして救えなかった女の子を前にして絶望していたあかりんがゆるぎを見て、もう一度立ち上がるシーン

(彼女を見ていると、在りし日の自分を思い出してしまって。)
(あのとき__私が誰かを救えていたことに、底知れぬ喜びを覚えてしまったのです)

「__今度こそ」
「今度こそ__あなたを救ってみせましょう」
「__それでも私は、あなたの蛮行を阻止します。それが私の、正義ですから」

やはりあかりんには正義が似合います


最後らへんのシーンで英士くんが涙を流すのはびっくりしました

これを上でも語った「最初の選択肢」で使わないのは流石

また、個別ルートで一人一人が手に入れていたものをトゥルーでも手に入れてくれてましたね

登場キャラ全員が成長して物語を紡いでいく、素晴らしいエンドだったと思います



【語ってないキャラの補足】

2017y04m02d_172618252.jpg
【茅ヶ崎 征士】
この作品唯一といっていい明確な悪役
ほんとにいいところがなにもありませんでしたね。真性の糞野郎です

2017y04m02d_172610022.jpg
【八椚 紅葉】
一応ラスボスという立ち位置なんでしょうか。作中でも散々言われてましたが、善悪入り混じった大変濃いキャラでした
「感情が大きく揺さぶられるのは、喜劇より悲劇でしょう?」
トゥルーの最後で紅葉が語っていたこれはある意味、この作品の面白さをそのまま伝えてましたね

2017y04m02d_172615662.jpg
【井土ヶ谷 祈吏】
個別ルートでの敵役?
しかしこの子はどこまでも優しかったですね、敵ではあったけど悪役ではなかったです


2017y04m02d_172612412.jpg
【神峯 灯】
ヒロインの一人にしても良いんじゃないかというぐらい、この作品の中で絶望してそれでも成長して前に進んでいた人
英士くんと灯さんが語る「ヒーロー」と「人魚姫」もこの作品では重要な役割を担ってましたね



【総評】

シナリオの出来は一級品でした。最初から最後まで無理なく読み進めれる面白さ

今後このメーカーのゲームがでたらシナリオ目的でまた買おうと思わせてくれるぐらいには楽しかったです

今年もまた一つ良いゲームに出会えました

おしまい







スポンサーサイト

● COMMENT ●

エロゲの絵って可愛いよねほんと、、、

2017-04-02 | のあさん>それがメインの売りのメーカーが9割だからね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mouhu106.blog9.fc2.com/tb.php/875-8eb8fb93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第一回お題記事 «  | BLOG TOP |  » タイトルなし

最新記事

プロフィール

ろん

Author:ろん
purohuiru_convert_20141127164341.png

私の日記帳です チラシの裏とも言う

最新コメント

Twitter

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する